excitemusic

バスガイド仲間のはなし
by uhk9vijy6k
ICELANDia
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:未分類( 50 )

武藤敬司さん交通事故=プロレスラー、接触男性軽傷―東京(時事通信)

 プロレスラーの武藤敬司さん(47)が東京都港区で乗用車を運転中、歩いていた男性会社員(40)に接触する事故を起こしていたことが14日、警視庁麻布署への取材で分かった。男性は右ひざに軽いけがをしており、同署は自動車運転過失傷害の疑いもあるとみて調べている。
 同署によると、武藤さんは12日午後6時5分ごろ、港区麻布十番の駐車場にバックで車を入れようとしたところ、後方のバンパーが歩道を歩いていた男性と接触した。
 武藤さんは1人で運転しており、安全確認が不十分だったのが原因とみられる。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕甦る興奮と感動 伝説の格闘家
嵐の二宮さん、自転車と衝突事故=交差点で、女性軽傷
プロ競輪選手、はねられ死亡=国道を練習走行中
J2・横浜FCの三浦知が交通事故=けがなし、発進時に前車に接触
タレント八嶋智人さん追突事故=けが人なし

黒澤プロ、記念館断念で伊万里市に権利金返還へ(読売新聞)
南アW杯 日本と意外なかかわりも…1次リーグ開催3都市(毎日新聞)
参院選 菅首相、勝敗ライン50議席見直さず(毎日新聞)
平田氏、首相の目標50議席では「ダメだ」(産経新聞)
社民が参院選キャッチフレーズ「生活再建まっしぐら」(産経新聞)
[PR]
by uhk9vijy6k | 2010-06-18 09:30

米、新首相に「同盟修復」を期待 (産経新聞)

 【ワシントン=佐々木類】菅直人新首相について、米政府は、鳩山政権下でぎくしゃくした日米同盟の立て直しに期待を寄せている。

 ゲーツ国防長官は3日、アジア安全保障会議出席のため、シンガポールに向かう機中で次期首相に関してコメントし、早期に日米同盟重視の政策に取り組むよう求めた。また、「次期首相が日米安保の重要性を早期に表明することを期待する」と強調した。

 一方で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設に関し、2006年の日米合意に基づき履行すべきだとの考えを表明、「沖縄の負担軽減に向けて日本と連携する用意がある」と述べた。ロイター通信などに語った。 

 米シンクタンク「戦略国際問題研究所」(CSIS)のニコラス・セーチェーニ日本部副部長も、「菅氏には、日米同盟の強化を期待したい」と語った。

 鳩山由紀夫首相が退陣表明した際、米メディアは次期首相の有力候補として菅氏の名前を一斉に報道した。特に、厚生相(当時)時代に薬害エイズ問題で実績を残したことや消費税率引き上げによる財政再建などに言及してきた点を紹介し、実態の伴わない「沖縄への思い」だけが先行した鳩山首相と比較し、現実的な政策を実行することへの期待感を示している。

 菅氏は4月にワシントンを訪問した際、訪米すらできなかった民主党の小沢一郎幹事長とは対照的に、オバマ政権からホワイトハウスでサマーズ米国家経済会議(NEC)委員長と面会する計らいを受けた。鳩山首相もホワイトハウスには入ってない。

 この待遇について、外務省幹部は当時、「米中枢部における“ポスト鳩山”の事実上の顔合わせだった」と語った。

 この訪米中、菅氏は表向きの冷静な表情とは裏腹に「ポスト鳩山」への意欲についてはまんざらでもなかったようで、日程上の問題で日米両当局が反対する中、国賓並の待遇を受けることができるワシントン郊外のアーリントン墓地で、無名兵士の墓への献花を熱望して実行した。周囲は「存在アピールに余念がなかった」(日米関係筋)と困惑したという。

【関連記事】
鳩山首相辞任への本音 米国はどう受けとめたのか
米政府は普天間移設の着実な履行を要求 
鳩山政権を振り返って、「未知との遭遇」だった8カ月
迷走の原因は首相の抑止力「無理解」 柳澤協二氏寄稿
NPT再検討会議合意 最大要因はオバマ米政権の指導力

菅政権でも外交変わらぬ=北沢防衛相(時事通信)
小児がん医療の新たな壁「晩期合併症」(上)(医療介護CBニュース)
リニア中央新幹線 迂回ルートにこだわらず 長野県知事(毎日新聞)
漢方薬の郵送販売求め要望書―日本漢方連盟など(医療介護CBニュース)
東宮職が週刊新潮に訂正と謝罪要求(産経新聞)
[PR]
by uhk9vijy6k | 2010-06-07 21:39

「牛の角突き」感染防止で中止に…新潟・小千谷(読売新聞)

 宮崎県の家畜伝染病「口蹄疫」問題で、新潟県小千谷市で6月6日に開催予定だった国の重要無形民俗文化財「牛の角突き」が、感染拡大防止のため中止されることになった。

 主催する小千谷闘牛振興協議会が26日の対策会議で決定した。

 「牛の角突き」は、巨体の牛同士が闘牛場で角を激しくぶつけ合う地域の伝統行事。会議では、全国から大勢の観客が訪れることに不安の声が上がり、全会一致で中止を決定した。5月から月1回開催されており、7月以降は改めて判断する。協議会の平沢忠一郎実行委員長は「感染牛が出たら取り返しがつかない。ファンには申し訳ないが、安全のために理解を頂きたい」と話している。

 一方、同じく国の重要無形民俗文化財となっている同県長岡市山古志地域の牛の角突きは、闘牛場などを入念に消毒して30日に開催予定。当日の売り上げの一部は宮崎県の畜産業者に寄付する。

<訃報>浅井達也さん70歳=シナリオライター(毎日新聞)
小沢氏「郵政法案通っても国民新党と一緒にやる」(産経新聞)
喉から手が出る郵政票 小沢氏、法案成立を約束 (産経新聞)
<両陛下>知的障害者施設を視察 神奈川(毎日新聞)
<事業仕分け>対象法人さまざま 準備万端・あきらめも (毎日新聞)
[PR]
by uhk9vijy6k | 2010-05-28 21:54

<東北道8人死傷>運転の29歳男性、書類送検の方針(毎日新聞)

 岩手県八幡平市中ノ平の東北道下りで昨年9月、乗用車が中央分離帯に衝突し、乗っていた男性8人が死傷した事故で、岩手県警は13日にも、車を運転していた東京都の団体職員の男性(29)を自動車運転過失致死傷の疑いで盛岡地検に書類送検する方針を固めた。捜査関係者への取材で分かった。

 県警によると、この男性は昨年9月6日午後0時半ごろ、同僚や友人らを乗用車に乗せて青森県の八甲田山に向かう途中、中央分離帯に衝突。同乗していた福島県伊達市の神職(26)、神奈川県秦野市の神職(39)、東京都港区の大学2年生(20)の計3人を死亡させ、同区の大学1年生を重体にしたなどの疑いが持たれている。

【関連ニュース】
GW:Uターンラッシュがピーク、高速道大渋滞 5日まで
GW:下り渋滞ピーク…関越道43キロ、東北道55キロ
GW:全国の高速で渋滞予測 最長45キロも
渋滞:上りのピークは3・4日−−県内の高速道路 /埼玉
GW:JRの利用客増加 高速道路、30キロ以上渋滞53回

「望まれる在宅看取りの条件」、ケアマネらが勉強会(医療介護CBニュース)
<口蹄疫>九州市長会長 総務相に要請(毎日新聞)
<普天間移設>平野官房長官、15日に鹿児島市を再訪問(毎日新聞)
「名誉傷つけられた」 NHK偏向報道訴訟でパイワン族男性が意見陳述(産経新聞)
<不同意堕胎容疑>栄養剤と欺き薬品点滴 交際の医師逮捕へ(毎日新聞)
[PR]
by uhk9vijy6k | 2010-05-20 14:27

<スズメ>激減? 日比谷公園で全数調査(毎日新聞)

 「近年スズメを見かけなくなった」との声がバードウオッチャーの間で相次いでいるため、「日本野鳥の会東京」(東京都新宿区)は、東京都千代田区の日比谷公園で今後、10年間に及ぶ全数調査を始めることになった。スズメは身近な存在になっていることが裏目に出て、長期的な調査がほとんど行われていない。第1回は15日午前8時に実施する。

 スズメの数については、立教大の研究チームが、農作物被害面積の減少率などから、半世紀前に比べ10分の1に落ち込んだ可能性を指摘。原因として、都心部を中心に巣作りに向いた木造住宅の減少や、餌場となる空き地や草原が減ったことが考えられている。

 しかし、個体数は、ガンカモ科の水鳥やタンチョウのような希少種と違い、調査が乏しく、よく分かっていないのが実態だ。

 そこで、野鳥の会東京は、春の繁殖期と越冬期の年2回、再開発が進む都心にあり、遊歩道を歩きながら野鳥の数を確認しやすい日比谷公園で調べることにした。調査は10年間続ける予定で、スズメの数を記録するほか、他の野鳥の種類や数、外敵のネコの数も把握し、減少の原因を探る。

 中村一也代表は「スズメは人とともに暮らしてきた鳥だ。どんな環境変化が起きているのか発見したい」と話す。【田中泰義】

【関連ニュース】
<写真特集>放鳥トキ:巣にカラス侵入、卵捨てる ふ化厳しく
<毎日動物園・鳥類別館>カラスの数は? 上野動物園前でえさを待つ
<写真特集>小笠原の動植物 アカガシラカラスバト(絶滅危惧種)
<写真特集>スズメの焼き鳥:100年の名物ピンチ 退治、御利益ありすぎた? 京都・伏見
タンチョウ保護−−北海道・釧路湿原

<電動自転車>CO2の削減で職員に貸し出し 愛知県豊橋市(毎日新聞)
御殿場の女性死体遺棄、2月にDV相談(読売新聞)
都道府県の超過負担、4割増の267億円―難病の医療費助成で(医療介護CBニュース)
あたご乗組員、包丁所持で逮捕=コンビニ強盗に関与か−京都府警(時事通信)
浴室で練炭自殺?女性2人の死体 市川市(産経新聞)
[PR]
by uhk9vijy6k | 2010-05-13 02:43

今年は12月2日から12日間 神戸ルミナリエ(産経新聞)

 阪神大震災の犠牲者鎮魂の思いを込め、毎年師走に神戸市中央区の旧外国人居留地周辺で行われている光の祭典「神戸ルミナリエ」について、組織委員会事務局は23日、今年も継続開催すると発表した。開催期間は12月2〜13日の12日間。

 ルミナリエ開催をめぐっては近年、財政状況が厳しいことから、毎年のように存続するかどうかが問題となっており、事務局は募金を呼びかけている。募金などの問い合わせは事務局((電)078・303・0038)へ。

【関連記事】
阪神なんば線開業1年 商機つないだ新線力 百貨店・ホテル・大学潤う
阪神大震災から15年 鎮魂イベントも“曲がり角”
神戸ルミナリエに365万人 来場者数は微減
「神戸ルミナリエ」最終日に青い灯り
神戸ルミナリエで初の近鉄直通臨時電車 阪神、記念磁気カードも
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

どろめ祭り 観客息のむ酒1升11.4秒一気飲み 高知(毎日新聞)
橋下知事代表“維新の会”が政治団体を届け出 さらに拡大も(産経新聞)
未公開株を無許可販売=容疑で業者ら4人逮捕−警視庁(時事通信)
<平城遷都1300年祭>せんとくんも本番 主会場オープン(毎日新聞)
沖縄通過の中国艦艇、その後に沖ノ鳥島近海へ(産経新聞)
[PR]
by uhk9vijy6k | 2010-04-27 04:01

<山崎直子宇宙飛行士>アームを操作しシャトルの機体点検(毎日新聞)

 【ケネディ宇宙センター(米フロリダ州)奥野敦史】国際宇宙ステーション(ISS)に滞在中の山崎直子宇宙飛行士(39)は米東部時間16日午前(日本時間同日午後)、地球帰還に向けてスペースシャトル「ディスカバリー」の機体を点検した。

 山崎さんは機体先端と左翼を担当。シャトルのロボットアームを操作し、表面の耐熱タイルの損傷をカメラで調べた。通常、点検はISS離脱後に行うが、シャトルから地上に映像を送るアンテナが故障中のため、ドッキング状態で行った。

 点検の前には装置トラブルのため、ISSから外した状態にしていたコンテナ「レオナルド」のシャトルへの収納も実施。半日遅れで無事作業を終えた。シャトルは同17日午前8時52分(同午後9時52分)ISSから離脱する。

【関連ニュース】
山崎直子宇宙飛行士:アーム操作し帰還に向けシャトル点検
ISS:冷却装置一つにトラブル発生 シャトル着陸延期か
山崎さん:「地球も、私たちも宇宙の一部」宇宙体験語る
ISS:女性4飛行士の写真を公開 同時滞在の新記録
野口聡一さん:誕生日にあめ 山崎さんが職人に依頼

家族5人刺され、1歳女児死亡…容疑の男逮捕(読売新聞)
<地震>和歌山市などで震度2(毎日新聞)
<男女共同参画>平等社会進まず 第1次計画から10年(毎日新聞)
<法務省所管法人>元最高裁判事の理事長に無利子貸付(毎日新聞)
大極殿 復元、内部を初公開 奈良・平城宮跡(毎日新聞)
[PR]
by uhk9vijy6k | 2010-04-22 18:54

永田町で「八方ふさがり」の舛添氏 人気者との連携に活路を求めたが…(産経新聞)

 自民党の舛添要一前厚生労働相(61)が、「地方分権」をテーマに橋下徹大阪府知事(40)や東国原英夫宮崎県知事(52)との連携を模索し始めた。党執行部批判を繰り返し、党内で勉強会を立ち上げるなど、「ポスト谷垣」と新党結成の両にらみで存在感を高めようとしてきたが、今回の動きの裏には、永田町での不人気により「八方ふさがり」に陥った現状を打破するため、人気のある地方自治体の首長と連携したいという舛添氏の思惑が透けてみえる。

 「地方の活性化で橋下さんも東国原さんも一生懸命がんばっている。こういう人の声を聞いてよりよい政策を作るのが国会議員の本道だ」

 14日、国会内で記者団の取材に応じた舛添氏は、橋下、東国原両氏との連携の意義をこう説明するとともに15日に東国原氏と協議することを明らかにした。

 その上で、両氏との連携は「政策面」でのものだと繰り返し強調、新党結成には「あらゆる可能性はすべてオープンだ。まったく白紙だ」と、今回もお茶を濁した。

 舛添氏は14日夕には静岡市内で開かれた自民党参院議員の会合に出席し、法人税率引き下げなどを大阪が独自に行える「大阪独立国構想」を発表した。しかし、ここでも「新党結成を宣言するんじゃないか、とたくさんのメディアが集まっている」と新党に関する話題をふりながら、核心に迫る発言は避けた。

 舛添氏が各種世論調査で「ポスト鳩山」の最有力に挙げられるのには、学者時代からの知名度に加え、厚生労働相時代に年金記録問題や新型インフルエンザの対応で奔走した姿や党執行部を批判する歯にきぬ着せぬ言動が理由にある。こうした人気を背景に、政界での「下働きをしない」「汗をかかない」という厳しい評価をはねのけ、自民党執行部の刷新を訴えたり、新党結成の可能性を探ったりして首相の座をねらう作戦だったとみられる。

 同時に、党内で昨年末に落選議員らを集めた「舛添政治カレッジ」、今年2月には勉強会「経済戦略研究会」を相次ぎ発足し、地歩を固めようとしてきた。

 しかし、執行部が国会議員を対象に開いた会合に欠席し、選対本部長代理の打診を拒否し、党内での評価はさらに低下傾向にある。参院選前に新党を結成するには公職選挙法の関係から5月2日までの届け出が必要だが、資金がない上に「だれも本気で舛添氏を担いで支えようとはしない」(党幹部)中で同志を探すのも難しそうだ。

 党内では、橋下氏らとの連携は、同氏らの人気も利用するねらいだとの見方がある。自民党の石破茂政調会長は14日、「党内での議論に参加せず、東国原氏や橋下氏と議論するのは政党人としてどうか」と苦言を呈した。

 また、橋下氏は地域政党「大阪維新の会」の結成に集中している。東国原氏も14日、現時点での新党結成を否定。舛添氏の新たな「活路」も暗雲が立ちこめている。

 「政局も何も関係ない。ただテレビに映るためにやっているだけのことだ」

 民主党の渡部恒三元衆院副議長は、舛添氏の動きをこう皮肉ってみせた。

【関連記事】
「政党内で議論しないのは違和感」石破氏、舛添氏に不快感
「東国原、橋下氏とは政策連携」舛添氏、新党にも含み 15日会談へ
舛添氏、15日に東国原知事と会談 参院選で連携か
舛添氏“自民乗っ取り”へ5月決起も、党内では不人気!?
自民党新体制 「舛添氏待望論」に応えよ
外国人地方参政権問題に一石

<京阪電鉄>開業100周年 大阪・中之島駅で記念式典(毎日新聞)
欧州、17日も14便欠航=火山噴火の影響−日航・全日空(時事通信)
<ニュース1週間>井上ひさしさんが死去/ポーランド大統領搭乗機が墜落(毎日新聞)
<環境省>雄のテン1匹を捕獲と発表 トキ襲撃かは不明(毎日新聞)
日本人の米国留学 10年で4割減少の理由(J-CASTニュース)
[PR]
by uhk9vijy6k | 2010-04-20 09:37

<無登録営業容疑>避妊具自販機の投資話で岐阜県警3人逮捕(毎日新聞)

 エイズ根絶を掲げて避妊具の自動販売機への投資を呼びかけ、国に無登録で金を集めたとして、岐阜県警生活環境課などは8日、愛知県一宮市、避妊具販売業「ティアラ」役員、山口竹夫(55)▽同市、同、江崎久美子(57)▽同市、同社社員、山口高志(29)−−の3容疑者を金融商品取引法違反(無登録営業)容疑で逮捕した。同課によると、3人は静岡県から九州まで計約970人から約10億円を集めたといい、詐欺容疑も視野に調べている。

 容疑は08年9月〜09年8月ごろ、4回にわたって愛知県南知多町の旅館などに口コミで人を集め、「エイズ予防の避妊具自販機を設置している。1口105万円出資すれば、月1万円を永久に配当する」と勧誘。岐阜県高山市の無職女性(68)ら4人から計630万円を集め、無登録で金融商品取引業を営んだとしている。

 同課によると、江崎容疑者は「法に触れるとは思っていなかった」と容疑を否認、山口竹夫容疑者は一部否認し、山口容疑者の長男の高志容疑者は容疑を認めているという。

 江崎容疑者は任意団体「エイズ予防対策協議会あ・うん」の理事長として、全国で「エイズ撲滅」をテーマに講演していた。勧誘は主に旅館などで行い、01年6月〜09年12月、全国の約970人から約2000件の契約を取り付けていた。集めた金は、全国約500台の自販機の設置代金や配当金に充てたほか、3人の生活費やギャンブルに回していた。【石山絵歩】

【関連ニュース】
インサイダー:税理士らに課徴金勧告 TOB情報で取引
架空増資:トランスデジタル元副社長ら追起訴
トランスデジタル:架空増資事件 6人を告発…証券監視委
インサイダー取引容疑:化粧品販売会社役員に課徴金勧告
早大OB相場操縦:元投資会社社長に懲役2年2月求刑

<みんなの党>参院選比例に前杉並区議を擁立(毎日新聞)
名張毒ぶどう酒、高裁差し戻し=再審取り消し破棄−「さらに科学的検討を」・最高裁(時事通信)
<火災>民家全焼 女性1人死亡 岐阜・各務原(毎日新聞)
<パワハラ>部下男性に「事務長が退職強要」 北海道千歳高(毎日新聞)
NPOに評価基準=競争促す−民間検討会(時事通信)
[PR]
by uhk9vijy6k | 2010-04-13 18:38

築地のマグロ競り見学、8日から1か月中止(読売新聞)

 東京都は6日、築地市場(中央区)のマグロの競り売り場について、今月8日からの約1か月間、観光客の見学受け入れを中止すると発表した。

 都によると、通常の見学客は1日平均で約200人だが、5日には500人以上が殺到。2年前に場内の通路を仕切って仮設した見学スペースは、一度に80人程度しか入れないため、安全確保が難しくなったほか、売り場の外にまで列ができ、業者から苦情も寄せられたという。

 見学者のほとんどは外国人。来場者急増の背景について「桜の季節で来日が多くなっているのに加え、大西洋クロマグロの禁輸問題が注目された影響もある」と都の担当者は分析する。

 都は、大型連休に向けて日本人観光客も増えるとみて受け入れ中止を決めた。再開予定は来月10日。競りの見学を巡っては、年末年始をはさんだ繁忙期の受け入れをすでに中止している。

<銅像制作>桶狭間の戦いから450年を機に 信長と義元を(毎日新聞)
<詐欺容疑>桑名市の元課長、別件で再逮捕へ(毎日新聞)
<春の交通安全運動>交差点は気を付けて(毎日新聞)
<雑記帳>慶大SFCが設立20周年の記念式典(毎日新聞)
「車内ゴミ散乱、ライターも?」4児死亡の父親(読売新聞)
[PR]
by uhk9vijy6k | 2010-04-08 18:34